球乗りからマイステージへ。

No.86

 

こんばんは・ののです*

今夜はとても寒いですね!近々雪が降るかもという噂は本当かもしれない・・・

早めに灯油を確保せねば!

 

さて、今日たまたま見つけて記事を見て感じたことを少し。

 

参照:元才女おばさん。アラサークリエイティブ女子が直面する危機のその先。

 

以前、小倉さんが書かれた書籍の出版トークイベンントをホンバコでしていただいた時に初めてお会いしました。

イベント前夜に初めてお会いして、軽く顔合わせのつもりが、あまりにお話が面白くてがっつり話し込んでしまいました。笑

濃い夜でした◎(ヒラクさんで言う『カロリー高い』夜でした。笑)

 

 

そんなヒラクさんとの出会いで知った『元才女おばさん』と言う存在。

 

 

はい。当時ののの、イエローカードでした。笑

 

ヒラクさんにも、帰り際『まっすぐ生きて!』と念押しさせましたしね◎

 

 

それから数ヶ月。

 

改めてこの文章を読み、今の自分をちょっと眺めて見ました。

 

相変わらず、承認欲求はありますが、
あの時と少しだけ違うのは、『自分がどう思うか』という視点が存在しているということ。

 

今までは人の役に立てることを仕事にしたい、と思っていたし、
認めてくれる人を自然と周りに置き、絶対的安全地帯を確保するように過ごしていました。

 

なので今まで、自分がやりたいからなのか、求められているから、応えれることだからやっているのかがわからなくなることが頻繁にありました。これをやり続けると、その瞬間は出来たとしても、自分の意思でやり始めたことではないので続かない。なので、段々と『口だけだ』ということになってしまいがち・・・。

また、『認めてくれる存在』ということに重きを置いて人と接していると、お互いが変化した時に、本当はお互いが成長していて喜ばしいことが、自分の居場所がなくなるような気がして不安になることも多々ありました◎人は変化するし、むしろ変化をお互いに楽しんでいきたいと思っているのに、なぜか心がぐらつく。そんなことが今まで何度もありました。(当時はその原因が自分にあるなんてこれっぽっちも気づきませんでした。笑 あちゃー)

 

 

もちろん今も『お役に立てることを』という気持ちはあります。
ですが、今は自分がやりたいことをどう人の役立つ形に繋げるか、を考えるようになりました。

 

とても単純な思考転換ですが
今までの私にはなかったのです。笑

 

この感覚が芽生えてからは、自然と私は少ーしずつ安定していきました。

(「嘘つけー!」というヤジが聞こえてきそうですが、あくまで私の中の感覚ですので!笑)

今までは他人の球の上(思考基準)に乗っていたので、グラグラしていましたが
小さいながら、自分のステージに立つようになり、そこから見える景色を今は楽しめるようになりました。

 

これがなかなかよい眺めなのであります!

 

あのドキドキはある意味
『吊り橋効果』的に感じていただけだったのかもしれません。笑

でも、それが楽しめていたのもある意味若さの特権というか。

一つの経験として心の蓄えとしていきたいと思います◎

 

そして今。

 

吊り橋でも、球の上でもなく
地に足をつけて歩く日々がなんとも楽しいのです*

ドキドキもハラハラもないけれど
好きな仕事をコツコツどっぷりしていられる。

気心知れた人たちを美味しい珈琲を飲みながら話せる時間もある。

そして何より自分の心の向きに目を凝らし
とことん付き合う覚悟が出来ている。

うむ。なかなかいい感じですよ。私的には。

 

色々とやりたいことをやってきましたが
やはり私は『食』が軸になっているようです。

 

この軸はきっとこれからも変わらないんだろうな、と思います。

 

だからこそ、その表現だったり、派生の仕方や、食を介して繋がるコミュニティーを味わい尽くしてやろうと企んでいます。笑♪

 

これからが楽しみだっ!

 

ちょいちょい軌道修正かけながら、
日々を楽しもうと思います。

 

みなさんも是非『自分』を楽しみ、味わってみてくださいね♪

 

ご縁に感謝*