おひたしがちょっと美味しくなる小さな一手間*

No.62

 

こんばんは・ののです^^

今週はホンバコ定食再開いています!
今週は『味噌春巻き』です。

自家製の二年漬け込んだ味噌がとっても美味しくなっていたので、そのお味噌でお野菜を炒めて、春巻きの皮でくるり♪

ご飯がすすみます*

定食にはいつもおかずが二品つくのですが、今日は小松菜のおひたしを作りました。

今日はそのおひたしのことをちょこっと*

 

おひたしポイントは『醤油洗い』

 

みなさん、おひたしを作る時、水っぽくなってしまい『なかなか味が決まらない・・・』となってしまったことはありませんか??

実はおひたしを作るときに『醤油洗い』と言う一手間を加えるだけで、おひたしがグーンと!美味しくなるんです♪

もう、だくだくとお醤油を注がなくても大丈夫ですよ!笑

 

『醤油洗い』とは、要は下味をつけるということ。

まず、茹でて冷ましたお野菜をかるーく絞ります。

茹でたお野菜は『かるーく』も実はポイント!力一杯絞ってしまうと、水分は取れますが、お野菜の旨味まで絞れてしまいます◎ので、かるーくにしておきましょう♪

ちなみに小松菜の下のところ、バラみたいで可愛いですよね*

ここ、捨てちゃう方もいるかもしれませんが、本当に硬いのは、先っぽだけなので、

こんな風に、縦に切ってあげて、食べてみてください!
実はここが一番甘みがあって美味しいんです♪

 

あ!工程に戻ります!笑

 

そこに、お醤油をすこーし入れ、和えます。

そして、10分置きます。

この置いているときにもう一度、野菜から水分が出るんです!
でも、お醤油をまとわせているので、少し味もつくんです。

そして、10分たったら、ここでもう一度絞ります。

あとはいつも通りお好みで味付けするだけ。

ちなみにこのやり方だと、お醤油はいつもの半分でいいと思います。

本来、調味料は『味付け』と言う意味合いが強いですが、私は野菜の『旨味を引き立てる』ことにお醤油などの調味料が使われるといいな、と思っています。

『野菜の味がするごはん』ってやっぱい美味しい*

とっても簡単ですが、この一手間を足してあげるだけで、
グーンと野菜の美味しさが引き立つので、是非一度、騙された!と思って、やってみてくださいね*

ごはんどきのお役に立てればうれしいです*

ご縁に感謝*

=追伸=

明日はホンバコ定食の目印とも言える『だし巻き卵』について書く予定です!
お楽しみに♪