やると決めたこと。

No.78

 

こんばんは・ののです^^

今日はちょっと長めのお仕事だったので、深夜の深夜に書いています◎

先日、鳥取を飛び出してみたことで、自分の『やりたい』の輪郭がよりくっきりと見えてきたので、今日はこれからやっていこうと思っていることをざっくり書いておこうと思います。

 

1、ホンバコキッチンを続ける

 

現在、ホンバコのキッチンに立たせていただいている毎日は、とても気に入っています。それはただ単純に『楽しい』だけではなく、葛藤もあれば、踏ん張りどころも沢山あります。ですが『実験現場』としては最高なのです。『得意だからしている』のではなく『得意にしていくにはどうしたらいいのか』を考え、実行し、結果をみてまた改善していく。とてもいい修行場になっています。ので、今後も、クビにならない限りは、『修行場』として続けていきたいと思っています。

 

 

 

2、『ののごはん』を立ち上げる

 

出張料理を約二年ぶりに復活させようと思っています。どこでも伺います!最近、約二年前の自分ではやりきれなかったことが少し見えるようになって来たように感じています。この二年、岡山を飛び出して、知らない土地で店を構えてみたり、料理から離れてみたり、大失恋してみたり。ぐっちゃぐちゃな人間関係に失神しそうになりながらも生き抜けたことで、少しばかりたくましくなりました。それにより、自分が形にしたいこと、見たい景色がよりリアルに見え、それを形にするための手段も素直に手を伸ばせるようになった気がしています。

 

食で愛しい時を紡ぐ

 

これがののごはんの軸です。

実はこの言葉は、『ひとやすみ』の屋号を持った時から考えていた言葉で。
なので、かれこれ四年前に自分の中に生まれていた言葉なんです。ですが、なかなかこの言葉にぴったりな動きができなくて、ずっとしまっていました。ここにきてやっとこの言葉と私がピタリと合いました*

今、私は改めて、料理で人と人が繋がる空間を作りたいな、と思っています。
特別ではない、でも、季節の野菜がたっぷり入った、おうちみたいなごはんをみんなで食べる。食がもつ、『繋ぐ力』の可能性を体感してみたい。

どこでも伺います。
鳥取内外どこでも*
一緒にごはんを食べましょう^^

お仕事ご依頼お待ちしています♪

 

3、ひとやすみ、再開!

 

こちらも再開します!店舗を構えるスタイルから卒業して、約7ヶ月。
私の分身とも言える『ひとやすみ』をどんな形でやっていくのか、ずっと考えていました。むしろ、この数ヶ月、ちょっと横に置いて眺めていました。最近は料理のお仕事も少し落ち着いてこなせるようになって来たので、やっと出番が回って来ました。

やっぱり、私は珈琲を淹れている時間が一番好きなんです。

ある意味、珈琲を淹れている時間、私は瞑想状態になっているのだと思います。

心を鎮め、一杯の珈琲と対面する。

この時間が『今』をじっくりを感じられ、なんとも言えず好きなのです。

そこにそっと寄り添う焼き菓子も焼きたい。

 

”今”をちょっとだけ丁寧に生きて見る

 

これは、『ひとやすみ』という屋号を持った時からのずっと軸に置いていることば。

一杯の珈琲を飲みながら
ちょっとひとやすみして、今を感じてみる。そんな時間をご用意したいと思っています。

こちらも鳥取県内外、どこでも伺いますので、
お気軽にお問い合わせくださいね^^

 

この三つがこれからの軸になると思います*

好きなことを好きなままに*

 

ご縁に感謝*

 

お仕事のご依頼は
こちらまでメッセージお願いします*
【NONOMAYU fb】